水素水 効果なし セブンウォーター

水素水 効果なし セブンウォーター

水素水の口コミって色々ありますよね。水素水は効果なしですとか。

 

そんななか最近有名な水素水がセブンウォーターって水素水です。

 

なぜ効果なしと騒がれている水素水のなかで最近売上が伸びて人気なのでしょうか?

 

セブンウォーターの公式サイトをみてみると、医学士が水素水を紹介しているシーンがあります。セブンウォーターは高濃度水素水なのでやはりおすすめようです。

 

しかし、現代では水素水って効果なし?って騒ぎがおきていますし、医学誌が紹介しているセブンウォーターも本当は効果なし?って気になるところではあります。なので私は実際に飲んでみたので、実際に飲んでみた感想踏まえてご紹介していきたいと思います。

 

そもそも水素水っていつから、どうやってこんな人気になったのでしょうか?
hatena

 

水素水は2007年に太田教授率いる日本医科大学の研究論文が医学の雑誌ネイチャーメディシンに掲載されてから世界でもいろいろな水素水の論文が発表されていったのです。

 

この時期には日本の報道も水素水は活性酸素を還元して健康や美容やダイエットによくてアンチエイジングできるだなんて騒がれていました。

 

その後、現在までに、世界でも400を超える論文が発表されたり、臨床試験までも実施されているのです。

 

臨床試験は、人間がかかわるので相当な根拠がないとあまり進められないことだと専門家の人はいいます。

 

その臨床試験が凄い早さで行なわれている水素水って本当に効果なしなのでしょうか。

 

私は、そうは思えません。

 

水素水って水+水素であり、中には水素が抜けている水素水が販売されているようです。

 

水に水素が溶ける飽和濃度は1.6ppmっていわれているのですが、セブンウォーターは7.0ppmもあるのです。

 

太田教授の書籍にも人間が水素水の効果を体感するためには0.8ppm以上の濃度がある好ましいと書いてありました。

 

だから、水素水が効果なしって言われている理由は、水素水が効果なしっていうよりも、水素水商品が効果なしのものがあるって解釈を私はしています。